So-net無料ブログ作成

原子力規制委員会の妄言・妄想

【原子力規制委員会の妄言・妄想】
原子力規制委員の伴信彦委員が今年1月、低線量被曝を心配する市民を
見下すようなメールを、国際機関の担当者に送っていたことがわかった。
メールで伴氏は、「放射線嫌い」は「認知バイアス」によるもので、論理的な
説明は通じないと述べていた。
放射能被曝に対する個人の価値観は年齢や男女、職業、家庭環境や地域等で
異なるもので、個人の価値観を否定する伴氏の発言は非難されるべき。
福島県の地方雑誌『政経東北』に連載された『なぜ福島は分断するのか』の
第2回(6回シリーズ)に『専門家は確証バイアスに陥る』との論考が掲載されている。

その概要は以下ご覧ください。
https://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2019-06-13

伴氏こそ『確証バイアス』に陥っているのでしょう。
伴氏の個人の価値観を無視した言動(考え)は妄言・暴言・妄想と言わざるをえない。
科学者の責務からも離反している行為。
https://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2019-05-08

バイアスがかかっているのはどちらなのか?
認知バイアス?がかかっている委員が果たして公平・中立な判断ができるのか?
原子力規制委員会のミッション(特に伴氏の立場)はどうあるべきなのか?
原子力規制委員会は国民の為ではなく、どこを向いて仕事をしているのか?
元委員長の田中俊一氏はじめ現委員長のトリチウムに関する発言を聞いていると、
妄想・妄言そして科学的・社会的にも間違っている発言を公然と行っている事、
そして、メデイアがその間違いを検証せずに発信する姿に、強い危機感を感ずる。 


田中俊一氏の詭弁・妄言・妄想については添付の保健物理学会誌の巻頭言の
デタラメや福島市での講演会での発言の以下のブログをご覧ください。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0