So-net無料ブログ作成

NHKは国会中継せよ

NHKは本日まったく国会中継しない。
昨日は終日国会中継したにも関わらず・・・
NHKのふれあいセンターにもTELし要請したところ、
メールも出せと言われて以下のようなメールを出した。

『国会中継はオリンピックの中継よりも最優先で報道するのが
NHKの公共放送としての役割ではないか?
昨日は終日報道し、本日はまったく報道しない理由は何なのか?
総合的判断というが、それはモリ・カケ隠しであり、
政府の都合の悪い質問を隠すと言うNHKの忖度ではないのか?

国民の知る権利を妨害し、
政権の不都合な真実を報道しないNHKの態度は
権力を監視するというジャ―ナリストのかけらもない。

報道の自由が世界中で70番台になったのは
NHKの責任によるものが大きい。

国会を中継せよ!
昨日中継し本日中継しない正当な理由は何か?
NHKは民間と違って視聴率を上げる必要はない。

政府の広報機関となったNHKは、
政府の機密費で運営すればいい。
どちらを向いているのかNHKよ!
以上ご回答いただきたくお願いいたします。』

みなさんからも是非以下からNHKへ抗議のメールを!
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html

そして、NHKふれいあいセンターへ抗議のTELを!
TEL番号:06700660665

『NHKは単に政府の広報機関』は以下ご覧ください。
http://nimosaku.blog.so-net.ne.jp/2016-07-03


【早速NHKから回答が届いた】                    
 国会中継を何故本日はやらないのかの質問したところ
数時間後に回答が届いた。
しかしながら、昨日報道して本日報道しない理由の説明はない。  
従い、再質問をした。(未だ回答は届かないが・・・)
     

 ×× × 様

NHKの番組をご視聴いただき、ありがとうございます。
お問い合わせの件についてご連絡いたします。
NHKは、国権の最高機関である国会の議論を伝えることは、公共放送として国民の知る権利に 応えるとともに、国民の政治参加を進めるうえでも重要だと考え、NHKの独自の編集・編成判断に基づいて、国会中継には積極的に取り組んでいます。ただ、放送の対応がその時々で異なることは好ましくないことから、次の一定の原則を設けて国会中継を行っています。

・本会議の施政方針演説等の政府演説と関連する代表質問を放送する。
・衆参両院の予算委員会の基本的質疑のうち、各会派の第一巡目の質疑を放送する。
・「党首討論」や国民的な関心の高い重要案件を扱う委員会の質疑などは、適宜、総合的に判断して放送する。

NHKでは、オリンピック開催期間に関係なく、同じ考え方で番組編成に臨んでいます。事実、昨日14日は、午前、午後ともに国会中継を放送しました。
次に、ニュース報道については、報道機関として自主的な編集判断に基づいて放送しています。 また、放送にあたっては国内番組基準を設け、この中で、全国民の基盤に立つ公共放送の機関として、何人からも干渉されず、不偏不党の立場を守って、放送による言論と表現の自由を確保し、豊かで、よい放送を行うことを明記しています。この基準に基づいて、報道の担当責任者が具体的な対応を判断してニュースおよびニュース番組を制作しています。

また、今回のピョンチャンオリンピックは、アジアで20年ぶりの冬のオリンピックで、時差もありません。
日本時間の日中から夜間にかけて競技がリアルタイムで行われており、NHKでは、できるだけ生放送で伝えたいと考えています。
また、2年後の2020年には東京オリンピック・パラリンピックが控え、スポーツへの視聴者の関心が高まってきていることもあり、この期間はオリンピック放送を重点的に行う事にしました。

世界的なイベントであるオリンピックは視聴者の関心も高く、こうした声に応えるためにも、オリンピックのニュースが増えるのは、ある程度やむをえないと考えています。
しかしながら、NHKニュースでは、政治・経済・社会・国際など、オリンピック以外にもさまざまなニュースについても放送しています。

また、常に災害など緊急事態に備えた放送体制もとっています。今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。お便りありがとうございました。
         
             NHKふれあいセンター(放送)












nice!(1)  コメント(0)